2018年04月11日

鬼物語

「鬼物語」は、2016年の5月につくばの榎戸に
できた変わった名前のラーメン屋さんです。

いろいろ気にはなっていたのですが、未訪問でした。

多様なメニューがある店だそうですので、ゆうのリクエストで
家族4人で行ってみることに。

基本メニューは「鶏と水 醤油・塩」と
「水と煮干  醤油・塩」で、菅野製麺の
麺を使っています。

いろいろな限定メニューがあり、訪問日の限定は
「烏賊墨と煮干」「天草淡麗つけ蕎麦 昆布水〆」
「天草濃厚つけ蕎麦」ととてもじゃないですが
追いきれません ^^;


twitterでマメに発信してるのでそちらを見てから
うかがうのがよろしいかと。

早速 「鶏と水 醤油」を頼んでみましたが
豆苗とレンコン、キャビアがのった上品な
一杯でした。

火が最後までとおっていないチャーシューが、
スープで加熱されてレアな状態になるのが
いい感じでした。



また、替え玉が多数あって「猪と鴨の血のソース」
「鮟肝とイベリコ豚脂 」「グリーンカリーとトマト」
「鮟肝のチーズフランベ」とこれまた追いきれません ^^

「鮟肝のチーズフランベ」を頼みましたが、チーズをかけて
バーナーであぶった替え玉は既にイタリア料理ですね。



替え玉は200円〜400円ですが結構ボリュームがあるので
おなか一杯になりました。

多彩なメニューがあるので、全容はわかりませんが
かなり創意工夫のあるお店ですね〜

posted by コイタ at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) |